プロフィール

hortensia

Author:hortensia
花男にはまって幾星霜…
いつまで経っても、自分の中の花男Loveが治まりません。
コミックは類派!
二次は総二郎派!(笑)
総×つくメインですが、類×つく、あき×つくも、ちょっとずつUPしています!
まず初めに「ご案内&パスワードについて」をお読み下さい。

アクセスカウンター
近況とかつぶやいてます
カテゴリ
最新記事
ランキングボタン
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ



ご訪問有り難うございます
カウントダウンタイマー
花男Blogリンク
君を愛するために
明日咲く花
お友達Blogリンク
恋花-koibana-
沫雪の唄
ブログ村ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

最新更新情報とお知らせ


只今チャットルームを開放しています。
詳しくはコチラ!

最新のお話は
sweet nothings 」(10/31更新)
です。


コメント・拍手コメントへのお返事、管理人体調不良の為滞っております。
申し訳ありません。
もう少々お待ち下さい。

間遠な更新の拙宅ですが、気長にお待ち下さり、過去のお話たちもいっぱい愛でて頂いて嬉しいです♪
拍手ボタンや、ランキングボタンをポチっとして頂いた方も有り難うございます。
皆様の優しさに背中を押されております!


次のアクセスカウンターのキリ番は7777777番を予定しています。
踏まれた方はご一報下さい♪
何かイイことあるかも?( *´艸`)

関連記事

テーマ:伝えたいこと
ジャンル:日記

ご案内&パスワードについて《初めにお読み下さい》

続きを読む

関連記事

テーマ:伝えたいこと
ジャンル:日記

INDEX

続きを読む

関連記事

テーマ:二次創作:小説
ジャンル:小説・文学

INDEX -総二郎SS-

続きを読む

関連記事

テーマ:二次創作:小説
ジャンル:小説・文学

現在チャットルームを開放しています!

ひっそりと今晩は。
体調不良によりご無沙汰してしまっております、hortensiaです。
総二郎のお誕生日なんだよー!
分かっちゃいるけど、身体が動かないんだよう。・゚(´□`)゚・。とジタバタしてました。
もう明日がお誕生日当日ですー。
何のおもてなしも出来ませんが、例年通りチャット会だけでも・・・と思いまして、今回も「おめでとー!」と叫ぶ場をご用意させて頂きました。
LINEのオープンチャット機能を使ってのチャットルームです。
(LINEされていない方、申し訳ないです・・・)
既に開放中ですが、管理人はいつでもINしている訳ではないので、チャット会まではだーれもいない可能性大です(苦笑)
もし事前に覗かれたら、「チャット会来るよー!」と一言残していって頂けると嬉しいです。

リンクはコチラ!
↓↓↓↓↓
オープンチャット
「西門総二郎生誕祭2021」


QRコード
↓↓↓↓↓


LINEのオープンチャットを検索から探す時はこんな感じです。
(コチラ、管理人のiPhoneのスクショです。androidでは確認できてないです。スミマセン・・・)
↓↓↓↓↓
LINEのホーム画面から「OpenChat」を選んで頂き・・・



検索バーがありますので



西門総二郎」と入力!



「検索」すると、このように見えてきます。



総二郎のお顔のアイコンをタップし、画面一番下の「参加」をタップして、ニックネームを設定の上、チャットルームへINして下さい。

チャットルームで名乗って頂くニックネームはLINEアカウントとは違うものでOKですので、普段使ってるアカウントがバレちゃう!といった事はありません。
お気楽に遊びに来て下さいね♪

尚、生誕記念チャット会は本日12月2日(木)の23:00からスタート。
終了は翌12月3日(金)の1:00を予定しております。
特にイベントなどはないんですけど・・・^^;
一緒に総二郎への「お誕生日おめでとー!」を叫べるとなんだか楽しいのです♪
それでは今晩23時にチャットルームでお待ちしております!

hortensia


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

ぽちっと押して頂けたら嬉しいです!


関連記事

テーマ:伝えたいこと
ジャンル:日記

sweet nothings

またリハビリ的に短いのから書いていきます^_^;


________________



10日程仕事で京都に行っていた。
メインは大きな献茶式。
タイトルに『若宗匠奉仕』とか付けられてる、仰々しいものだ。
何と家元夫人ことお袋まで帯同してきた。
肩が凝る行事だけど、『若宗匠』としては涼しい顔して完璧にやり通さないといけない訳で。
そういうのって体力より精神力がごっそり削られる。
側にあいつがいてくれたら・・・なんて思ってしまうけれど、それは空き時間にスマホに撮り溜めた笑顔の写真をこっそり見る事で代わりとした。
献茶式が終わったらすぐに東京に戻りたいところではあったが、次の週末に理事会と参事会が京都のホテルで予定されていた為に、俺はずっと京都に留め置かれ、あれやこれやと駆り出され・・・
やっと帰路に着けたのは日曜日の最終近い新幹線だった。
タクシーで真っ直ぐ向かった牧野のマンション。
合鍵で入った部屋は予想通り既に灯りが消えている。
もう日付が変わりそうな時間だから仕方ない。
京都駅で通りすがりに買い求めた土産の包みをテーブルに置いてから、寝室のドアをそーっと開けると、すやすやと眠る牧野の寝顔が見えて、途端に身体中の強張りが解けていった。
独りベッドで眠る牧野は、俺の代わりなのか、上掛けの端を胸に抱き込んでいる。
それを見付けて、頬が勝手に緩むのが分かった。

お前も俺がいなくて寂しかったんじゃねえの?
そんな布団の端っこをギューっと抱き締めちまうくらいにさ。

ふう・・・と幸せの溜息が口から溢れる。
同じ部屋の中に牧野がいるってだけで、暖房も点いていないのにポカポカと暖かく感じられるから不思議だ。
額の髪をそっと指で掻き上げて、そこに口付けを落とした。
牧野はちっとも目を覚まさない。
それでもこうして触れられる距離にいられる事が嬉しい。

もうすぐ日付が変わってしまうけれど、今日はハロウィンだ。
牧野は今夜は大河原邸で滋が開催したハロウィンパーティーに呼ばれていた。
滋に誘われた時「西門さんも行ける?」と小首を傾げながら可愛く聞いてきたのを覚えてる。
「その日は仕事で京都だ。」と言ったら、がっかりしたのを隠しつつ、「あたしだけ皆と楽しんで来ちゃおーっと。」と笑ってたっけ。
きっと滋達とワイワイ騒いで飲み食いして、ここに戻ってきたら気が抜けて、こてんと電池が切れたように眠ってるんだろう。
よく眠っている牧野のサラサラとした手触りの髪を撫でた。

こうして顔が見られるだけで、触れられるだけでいい。
それだけで俺は力が湧いてくる。

シャワーを浴びてから滑り込んだベッド。
2週間振りに自分の腕の中に抱き寄せた牧野は柔らかくて温かい。
耳元に唇を寄せて「Happy Halloween・・・」と、一言だけ囁いた。

明日の朝起きて、隣に寝ている俺を見つけて驚いて、そして破顔する牧野。
それを想像するだけで、幸せな気分で眠りに就ける。
俺はそんな牧野にキスをしよう。
あいつが顔を真っ赤にして怒るくらいに濃厚なのを。
茹で蛸みたいになりながら怒っている牧野をこの腕の中に捕まえて、今度は起きている牧野に囁くんだ。
「会いたかった。」って、素直な気持ちを。


________________



ハロウィンでしたね。
遅刻ですが、そんな夜のことを書いてみました。
お忙しい総二郎の話です(苦笑)

またまたご無沙汰してしまいました。
ちょっと色々あって、生きてるだけで精一杯モードになってました。
徐々にリハビリして、また少しずつ書いていきたいと思います。
どうぞ宜しくお願いしますm(_ _)m


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

ぽちっと押して頂けたら嬉しいです!
関連記事

テーマ:二次創作:小説
ジャンル:小説・文学

この部屋、ペット禁止です! 21

朝日を受けてピカピカ光っている車に乗せられ、木々の間から光の粒が降り注ぐ道を抜けて連れて行かれたのは、キラキラと水面が輝いている相模湖が一望出来るカフェだった。
何だか朝から目がチカチカする。
空いているお好きな席にどうぞ・・・と言われ、ひとつ残っていた窓側のテーブルにペットと向かい合わせで着くと、すぐにお冷のグラスが運ばれて来た。
モーニングを2人前、それにコーヒーとミルクティーを頼む。

「このお店もお兄さんご夫妻のお薦めなの?」
「ああ、景色も楽しめるし、近所だし。
メシ作るの面倒な時に来てるみたいだな。」
「ふうん、仲良しなご夫婦だねえ。
偶のお休みにお2人でセカンドハウスに来て、デートみたくカフェで朝ご飯食べて、のんびり過ごされるなんて、素敵。」

そう言ったら、途端にふふっと吹き出したペット。
人が素直に口にした言葉を笑い飛ばすなんて、ホントに失礼なオトコだ。

「まあそう言ったら聞こえはいいな。」
「そう言ったら・・・って、実際そうなんでしょ?」
「んー?
2人とも料理や片付けなんて面倒だから、外で食べ歩いてるんだろ。
その証拠にキッチンなんてピッカピカでろくに使った跡が無かったろうが。」
「普段お忙しいんだろうから、息抜きする時には思いっきりお休みしたっていいでしょ。」
「つくしちゃんもな。」
「あたし?」
「そ。毎日朝から晩までコマネズミのように働いてるんだから。
今日はのんびりすりゃいいんだよ。」

悪戯っぽい笑みを浮かべてあたしを見ているペットがいる。
あれ? あれれ?
もしかして、もしかしてさ・・・
昨日からのこの唐突なドライブやお泊まりは・・・
この人の気紛れなんかじゃなくて、全部あたしを労う為だったりするの?

目をぱちぱちさせながら考えるけど、上手いこと答えまで辿り着けない。
そうしているところにモーニングが2つのトレーに載せられてやって来た。
厚めに切られたトーストの上では黄金色のバターが溶け始めている。
横にはマーマレードと苺ジャムが添えられてて、とっても魅力的。
隣のプレートにはスクランブルエッグとちょっと焦げ目の付いたソーセージ、そして瑞々しいミニサラダが彩り良く並んでいた。
ミルクティーの奥にはヨーグルトと、カットオレンジ。
自分で作らず人に朝ご飯用意してもらうだけで嬉しいのに、なんて美味しそうなんだろう!
「頂きまーす。」と言って、まずはミルクティーをこくりとひと口。
ほっとする優しい味が口の中に広がって、思わずほう・・・と溜息が溢れる。
次はトーストに齧り付いた。
外はカリッと、中はもちっと、そしてバターがじゅわっと滲み出してくるのがなんとも幸せだ。

「んー、美味しっ。」
「何食べさせても『美味しい』『美味しい』って言うな、つくしちゃんは。」
「ほっといて! あたしの観察なんかしてないで、食べなさいよ。」
「食べさせ甲斐があるなって思っただけだろ。」

何気なくコーヒーカップを持っているだけなのに、なーんか絵になってしまう向かいのオトコをぎっと睨み付けてから、食べるのに没頭している振りをしていたけど、いつの間にか本当に夢中になった。
思いの外お腹が減っていたらしい。
食後にお代わりの紅茶を頂きつつ、窓の外の湖を見遣る。
青空を映し込んだ水面はレトロガラスを敷き詰めたみたいで。
湖の縁は濃い緑色の山が連なって、その上には綿飴をちぎったみたいなほわほわした白い雲が浮かんでいる。

「良いとこだねえ、ここ。」
「気に入ったろ?」
「んー? うん、まあね。」
「またいくらでも連れて来てやるよ。」
「いやいや、そういう事言ってるんじゃないんだけど。」
「さーて、腹拵えも済んだし、散歩行くか。」
「え? 東京に帰るんじゃないの?」
「元々散歩しに来たのに、それをやらないで帰る訳ねえじゃん。」

あたしは着替えも持って来てないから、昨日仕事行った時のままの服だし。
足元だって、こんな所を散策する用の靴じゃない。
何よりあたしは部屋に戻って洗濯したいのよね・・・
出来ればペットをお邸に帰した後で!
ペットに見られたくない洗濯物、色々あるのよ!

「服もこんなだし、靴もヒールだし。
散歩って感じじゃないもん、あたし。」
「ああ、そっか。
んー・・・、ちょっと待ってろよ。」

そう言ってすっと入り口横のレジスターの前に立ったペット。
モーニングのお代金を払いながら、お店の奥さんに飛び切りの作り笑いして話し掛けてる。
何でこんな所で愛想振り撒いてるんだか・・・
あたしもティーカップに残っていた紅茶を飲み干して、後を追う。

「ありがとうございました。参考になりました。」
「いいえー。またおいで下さいね。」
「ご馳走様でした。また来ます。」

そう言って置き土産にいつもの決め顔をひとつ披露してる。
あたしも「ご馳走様でした。」と頭を下げてお店を出た。
一応ペットにもお礼を言う。

「ご馳走様でしたっ。」
「これくらいご馳走したうちにも入んねえよ。
つくしちゃんは毎日手料理食べさせてくれてたんだから。
こっちが礼を言わないとだろ。」

うーん、外食に連れ出された日も、デリバリー頼んでくれてた日もあったし。
冷蔵庫の中身、いっぱいにもしてもらったし。
どう考えてもあたしの方が得してると思うけど。
まあ、この人にとっては、密かに隠れられる場所が必要だったんだろうから、いいのかな・・・?

今度こそあたしの部屋に連れ帰ってもらえる・・・と思っていたのに、ちょっと走ったと思ったら、車は広い駐車場に入った。

「え? 何? どしたの? 何か忘れ物?」
「服と靴がいるんだろ?」
「はぁ?」
「さっきのカフェの奥さんに聞いたんだよ、近くで服と靴買える店。
ここがこの辺りで一番品揃えがあるんだってよ。
つくしちゃんの好きな、お財布に優しい店らしいぜ。」

そう言われて窓の外をよく見てみれば、安売りで名を馳せているアパレル店の看板が見える。
この人が一生足を踏み入れないような、びっくりディスカウント価格の店だ。
このあたしだって「これ安ーい!」と驚く掘り出し物があったりするくらい。

「・・・服なんか買わないわよ。帰るんだってば。」

そう言うあたしの言葉を聞かなかった振りをして、言葉を重ねるヤツがいる。

「サッサと服と靴買って、散歩行こうぜ。
湖畔を散歩したら、絶対気持ちいいって。」
「えーーー?」
「えー?じゃねえよ。
お前が行かねえなら、俺が勝手に見繕うけど?」

はあ・・・、溜息出ちゃう。
せめてこの車の中で大人しく待ってて欲しい。
この愛想振り撒き常習オトコがあのお店に入っていったら、お客さんも店員さんも大騒ぎだ。

「・・・分かったわよ。買えばいいんでしょ!」

車のドアを勢いよく開けて降りて、態とばーんと音を立てて閉めてやった。
このペットのペースで物事が進んでいくのが、どうにも居心地が悪い。
開店したてで人気の少ないお店の中で、無難なフレンチスリーブのシャツと、UVカットの札が付いていたさらっとした手触りのカーディガンと、動きやすそうなコットンパンツを選んだ。
お店の片隅では靴も売っている。
スリッポンが980円。
全部買っても5000円だ。
お会計の後に、お店の方に断って試着室で着替えさせてもらって車に戻ると、ペットは妙にニヤニヤしている。

「おいおい、随分と地味だなー、つくしちゃん。」
「大きなお世話ですっ!」
「まあ、俺しか見ないんだから問題ないか。」

ペットにはもう部屋着姿やスッピンまで見られてるから、安い服だろうと地味だろうとどうでもいい気分だ。

「散歩したら帰るよ! 分かってんの?」
「ハイハイ、分かってる、分かってる。」

この安請け合い、全く信用ならないわ・・・。


________________



随分と間が空いてしまいましたが、ペット総二郎のお話の続きを書きました。
書き始めると、今度は書き過ぎてしまって、ばっさばっさとお話を削ぎ落とす事に。
なかなか難しいのですσ^_^;

このお話を準備していたら、大きな地震に見舞われかなりびっくりしました。
日本は地震大国で、毎日どこかが揺れているので、常に心構えが必要なのですが、ついつい油断してしまいますね。
とりあえず家中の懐中電灯を点検して、スマホを充電しています。
余震がないといいんですが・・・
眠いけれどもなかなか寝付けない夜です。


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

ぽちっと押して頂けたら嬉しいです!
関連記事

テーマ:二次創作:小説
ジャンル:小説・文学