プロフィール

hortensia

Author:hortensia
花男にはまって幾星霜…
いつまで経っても、自分の中の花男Loveが治まりません。
コミックは類派!
二次は総二郎派!(笑)
総×つくメインですが、類×つく、あき×つくも、ちょっとずつUPしています!
まず初めに「ご案内&パスワードについて」をお読み下さい。
https://potofu.me/hortensia

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
ランキングボタン
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ



ご訪問有り難うございます
カウントダウンタイマー
花男Blogリンク
君を愛するために
明日咲く花
お友達Blogリンク
恋花-koibana-
沫雪の唄
ブログ村ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

sweet sweet my lover ー前編ー

えっと、あの・・・、なんて言うか・・・
今夜の美作さん、色気の蛇口がぶっ壊れてます!
だだ漏れなんてもんじゃない。
ジャージャー全開で流れ出てるとでも言いましょうか。
とにかく、ヤバいの!
ヤバいんですぅ!




夜ちょっと遅くなってからあたしの部屋へとやって来た美作さんは、最初からいつもと様子が違ってた。
ちょっと気怠そうで、纏う雰囲気がとても甘い。

「ごめん、遅くなった・・・。」

ドアを開けたあたしを、そう言いながらいきなり玄関で抱き締めてきた。
いつもそんな事しないから物凄くびっくりする。
普段なら出会い頭に急に抱き締めてきたりはしない。
顔を合わせたらまずにっこり笑い掛けてくれて。
あたしが「いらっしゃい。」って言ったら「お邪魔します。」って返してくれて、部屋に入って。
それから軽くハグしてくれて、唇にちゅっと小さなキスをくれる。
それだけで真っ赤になっちゃうあたしが何とか落ち着くまで優しく見守りつつ隣に座っててくれるのが美作さんだ。
だけど今夜は・・・、妙に情熱的というか・・・
ぎゅうぎゅう抱き締められながら

「随分と飲まされちゃったんだ。
酒臭くて嫌じゃない?」

なんて溜息混じりに聞かれても、あたしの脳味噌が正常な判断を下せる訳ない。
お酒の匂いもするけれど、顔を寄せている胸元からほんのり漂うのは、美作さんがいつも付けてるフレグランスのラストノート、ホワイトムスクの香り。
その香りに酔いそうだ。

「嫌じゃ、ないよ・・・。」
「そう? 良かった。
ただいま、牧野。」

ここはあたしの部屋で。
美作さんちじゃないし、2人で暮らしてたりもしないから、「おかえり。」って言っていいのか分からなくて「ん・・・」と小さく返したら「おかえりって言ってくれないの?」と言われちゃった。
途端に照れと気恥ずかしさで頬っぺたがかあーっと熱くなる。

「お、おかえりなさい。
お仕事、お疲れ様。」
「あー、それ、いいな。
疲れた身体に沁み渡る。」
「・・・疲れてるなら、真っ直ぐお邸に帰っても良かったのに。」
「こんな時こそ牧野の笑顔を見て、声を聞いて、こうやって温もりを確かめたいんだよ。
それに・・・」

そこまで言った美作さんが、やっと腕の力を弱めて、あたしの身体と美作さんとの間に少し隙間が出来た。
ちょっとほっとしたのも束の間、美作さんの甘く響く声が頭の上に降ってくる。

「日付が変わったら俺の誕生日なんだから。
その瞬間を牧野と過ごしたいと思ったんだよ。」

勿論知ってる。
明日がお誕生日だってこと。
あたしだって世界で一番最初に『お誕生日おめでとう』を言いたいって思ってたんだから。
そっと仰ぎ見ると、そこには極上の微笑みを浮かべた美作さんがいた。
眇めた目からこちらに向けられる視線がいつもより熱いような気すらする。
視線に温度は無い筈なのに!
このままだと玄関で立ったまま、甘いキスまで落ちてきそうな雰囲気に、慌ててあたしは美作さんに声を掛けた。

「ありがと、疲れてるのに来てくれて。
中、入って。
部屋、あったかくしてあるから。」
「ああ、ごめん。
玄関になんて立たせてたら、牧野が寒いよな。」

そう呟いて、美作さんはあたしの背中に回していた腕を解いた。
身体が離れたのに、顔はほてほてと熱く、心臓はドキドキしっぱなしだ。
コートとジャケットを皺にならないように掛けておきたくて預かった。

「ネクタイも一緒にいい?」
「うん、勿論。」

振り返ると、美作さんがネクタイの結び目に指を掛けて、緩めているところだった。
普段そんなシーンを目の当たりにする事は殆どないからか、目がそこに釘付けになる。
ネクタイを慣れた手付きで解いていく指先が妙にセクシーに見えてしまうのは、あたしが美作さんの事意識し過ぎているからなのかな?
そうしてしゅるりと首元から引き抜かれたネクタイが、あたしの手元に舞い降りる。

「ありがとう、牧野。」
「えっ? いや、あの、これくらい、お安い御用よ。」
「なあ・・・、新婚家庭ってこんなかな?」
「はぁっ?」
「いや、いつか2人で暮らしたら、こんな日々が毎日やって来るのかな?なんて、さ。」

美作さんはまた甘く微笑んで、ネクタイ片手に固まったあたしは、咄嗟に言葉が出てこない。
ちょっ・・・、この人今何か爆弾発言しなかった?

「あー、牧野、俺冷たい水飲みたいんだけど、冷蔵庫勝手に開けてもいいか?」
「す、す、す、直ぐ持ってくから美作さんは座ってて!」
「うん、ありがとう。」

水、水、水!
とりあえずグラスに水を入れる!
そしてそれを運ぶ!
それが目下のあたしの任務!
さっきの問題発言は、後からゆっくり吟味しよう。

我ながらドタバタしながらガラスのグラスに冷やしてあったミネラルウォーターをとぷとぷとぷ・・・と注ぐ。
少しだけ息を整えて、ソファの背凭れに身体を預けてる美作さんの所まで持って行った。

「美作さん、お待たせ・・・。」
「あー、ありがとう。」

いつもはあたしが美作さんを見上げているのに、今は逆だ。
立っているあたしの方が顔の位置が高いから、美作さんがあたしを見上げてて・・・
ふっと表情を緩めた様に、心臓がきゅんっと締め付けられた。
美作さんがお酒に弱いなんて思った事ない。
いつも程々に飲むようにセルフコントロールしてたのかもしれないけれど、皆と飲む場面でもそれなりに飲んだとしてもけろりとしていた。
だからこんな風に酔ってる美作さんは初めて見る。
手渡したグラスの水を一息で飲み切ってしまった美作さん。

「もう一杯飲む?」
「いや、もう大丈夫だ。
それより牧野、ここ座って。」
「う、うん。」

美作さんの手からグラスを取って、テーブルにことりと置いた。
隣におずおずと座ったら、あっという間に美作さんの手が腰に巻き付いて、ぴたっとくっつく様に引き寄せられてしまう。
緊張で身体を強ばらせる前に、美作さんの頭がこてん・・・とあたしの頭に当たった。
そうしたら、まるで猫が人に甘えてくる時みたいに、あたしのこめかみの辺りに柔く頭を擦り寄せてきたから、今度こそぴきーんと身体がフリーズする。

み、み、美作さんが、あたしにすりすりしてるー???


_________



バースデーSSをサラッと1話でね!とか思って、全然1話で収まらない、いつものパターンです^^;
もう少しだけお付き合い頂きたいと思います。

本日あきらのお誕生日ですね。
おめでとう、あきらー!
拙宅では愛でていくから、見切れキャラでも頑張って生きていってくれー!←どんなエールよ?

チャットルームは本日いっぱい開放しておきますので、良かったらあきらへのお祝いメッセージを叫びにいらして下さいませ。


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

ぽちっと押して頂けたら嬉しいです!

テーマ:二次創作:小説
ジャンル:小説・文学

sweet sweet my lover ー中編ー

美作さんがこんな仕草するなんて、初めての事だと思う。
そもそもいつもあたしが一方的に甘やかされていて、美作さんがあたしに甘えてくる・・・なんてシチュエーションになった事がない。
だから、お酒が入ってるとはいえ、こんないつもと違う美作さんが現れて、なんとも言えない気持ちが湧いてきた。
ちょっと嬉しくて、どこか気恥ずかしくもある。
いつものドキドキとはちょっと種類の違う胸の高鳴りが生まれてくるような気がする。
それはやっぱり美作さんがいつもより肩の力を抜いて、あたしに自分を見せてくれてるからなんだろう。

「あぁ、牧野だ。」
「・・・うん?」
「こうして身体を寄せ合っていると、俺達別々の人間の筈なのに、一緒にいる方が自然だなぁって思うんだよ。
離れてる時は俺にとっての『牧野』ってピースが欠けているみたいな気がして。
会えて温もりを確かめられたら、物凄くほっとする。
足りなかったものが一気に満たされてく。
それで、俺に必要なのは牧野なんだなって、改めてしみじみ思うんだ。」

そう言って、美作さんはあたしを抱き寄せて、今度は首筋に顔を埋めてる。
熱のこもった言葉と首元の擽ったい感触に、あたしは身動ぎも出来ず、その腕の中で浅く息をするだけだ。

「今日さ・・・、この打ち合わせと会食が終わったら牧野に会いに行けるって胸の内で思ってた。
顔や態度には出してないつもりだったんだ。
だけど、どこかに滲み出てたのかなぁ。
早く帰りたんだろう、そうはさせるか!みたいに言われて散々付き合わされちゃったんだ。
これはとっとと相手を酔わせてお開きにするしかないと思って酌み交わしているうちに、俺も少し酔っちゃったみたいだ。」
「・・・飲みの席でのお付き合いも大事な仕事だものね。
ほんとにお疲れ様。」
「ん・・・、でももうここに来るまでにあったことは全部忘れる。
今は牧野のことだけ感じてたい・・・。」

よ、よ、酔ってるとはいえ、この甘々モードの美作さんを連発されると、あたしなんか到底太刀打ち出来ないっ!
応える言葉も出てこないし、美作さんの腕の中でカチンコチンに固まっているばかりになっちゃう。
首筋にふわり・・・、またふわり・・・と美作さんの吐息が吹き掛かるから、背中にぞくんとしたものが走ってく。

「牧野、寒いのか?」
「う、ううん! 寒くないっ!」
「そう? 震えてないか?」

おでことおでこをくっ付けて、話し掛けてくる美作さん。
顔が近過ぎてドキドキドキドキ。
頬っぺたが熱いのが冷めるタイミングがないよ、さっきから!

「だ、大丈夫っ!」
「そう?」
「うんっ、ホント大丈夫!」
「牧野の大丈夫は当てにならない事が多いからなぁ。」

そう言ってふふふと小さく笑ってる。
お酒のせいとはいえ、この美作さん・・・
ものすごーく取り扱いに困るんですけど!
いつも優しくって、紳士的で、あたしの気持ちを第一にって心砕いてくれてて。
その優しさに包まれてぽーっとなっちゃってるあたし。
今夜のこの何処どこまでも甘ーく熱っぽい美作さんといると、のぼせ上がって倒れそうになるよ!

「見て、牧野。
もうすぐ日付けが変わる。」

美作さんの腕に巻かれた高級時計。
多分1秒の狂いもないんだろう。
秒針が12のところに近付いていくのを2人で見詰めた。

5、4、3、2、1・・・

「お誕生日おめでとう、美作さん。」
「ありがとう、牧野。」

甘くとろけそうな微笑みを浮かべてる美作さんが目の前にいる。
何か言葉を付け足したいけれど、いい台詞は思い付けなくて。
言葉の代わりに、思い切って美作さんの唇にキスをした!
ほんの一瞬唇が重なりあっただけのキス。
あたしの精一杯の勇気を振り絞ったアクション。

ヨシ!
良くやったわ、つくし!
細やかながら、気持ちを伝えられる事が出来た喜びと、自分からキスしちゃった照れ臭さで、うきゃー!と叫び出したいくらいだよ!

そっと顔を離したら、また美作さんが笑ってる。
あたし達の周りの空気まで甘くなり、今度こそ美作さんに酔わされてこの場に倒れ込みそうだ。

「誕生日祝いにキスをくれたの?」

眇めた目でそんな事囁かれたら、こくこくと頷くしかない。

「嬉しいな。
じゃあ俺からもお礼をしないと。」

美作さんの右手があたしの頬っぺたを優しく撫で下ろした・・・と思ったら、そのまま首の後ろに差し込まれる。
整ったお顔がこっちに近付いてくる気配に思わずきゅっと目を閉じた。
何度も優しく唇を啄まれていると、もっとキスしたい・・・なんて思っちゃって。
あたしがそう思ってるのが美作さんに伝わっているかのように、段々と熱く深い口付けへと変わってく。
互いの顔が離れた時には、息は乱れて、唇はじんじんと痺れて、身体には力が入らない程骨抜きにされていたあたし。

「駄目だよ、牧野。
そんな潤んだ瞳で見詰められたって、もっとキスしたくなるだけだ・・・」

ちょっとあたしもう無理ー!と言おうと思ったのに、その前に次のキスに翻弄されてしまったのだった。


_________



このあきらはー、本当に酔っ払いなのかー?
それとも策士の計算のうちなのかー?
もう一段階甘くしたいんですけど、ちゃんと書き切れるかしら?

本格的に花粉の季節ですね。
気がつくと鼻がたらたら。
咳が止まらん!と思ったら換気扇回してました。
うー辛い・・・。・゚(´□`)゚・。


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

ぽちっと押して頂けたら嬉しいです!

テーマ:二次創作:小説
ジャンル:小説・文学