プロフィール

hortensia

Author:hortensia
花男にはまって幾星霜…
いつまで経っても、自分の中の花男Loveが治まりません。
コミックは類派!
二次は総二郎派!(笑)
総×つくメインですが、類×つく、あき×つくも、ちょっとずつUPしています!
まず初めに「ご案内&パスワードについて」をお読み下さい。
https://potofu.me/hortensia

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
ランキングボタン
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ



ご訪問有り難うございます
カウントダウンタイマー
花男Blogリンク
君を愛するために
明日咲く花
お友達Blogリンク
恋花-koibana-
沫雪の唄
ブログ村ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

時間よ止まれ 前編

今日、明日、明後日は、お昼は類つくです。
季節が全然違う上に、なんともまったりしたお話ですが・・・
閃いちゃったのでシカタナイ(苦笑)
宜しくお付き合いください。

司が記憶喪失でNYへ去って2年余り・・・
付かず離れずの仲の2人です。

__________


<つくし19歳 類20歳の晩夏>

「ねぇ、類。海を見に行きたい。」

牧野がふいに言ったのは、大学3年の夏休みも終わりに近い頃だった。
2人でランチでもと牧野を誘って、待ち合わせたビストロで、食前酒を選ぼうとメニューを見ていた時に。

このビストロは、牧野のお財布でも心配ないお値段のランチを出す。
まぁ、絶対に牧野に払わせたりはしないけれど。
星付きのフレンチレストランに連れて行くと

「こんな高いお店・・・」

と遠慮の言葉ばかり口にする牧野。

「安くたって美味しい物はいっぱいあるの!」

ある日無理矢理引っ張ってこられたこの店は、こじんまりとしているけど、シェフもギャルソンもフランス人で、店の中はフランス語が飛び交い、店構えもフランスのビストロそのまま。
BGMにはシャンソンが絶え間無く流れ、牧野は

「フランスに行った気分になる!」

とあの大きくて黒い瞳を輝かせて喜んだんだ。
初めて連れて来られた日に食べた鴨のコンフィ。
一口、口に入れて思わず

「美味しいね。」

と言ったら、

「ほらね、安くても美味しい物あったでしょ!」

と嬉しそうに笑った。

「俺はあんたが美味しそうに食べてるのを見るのが好きなのに。」
「それを言うなら、あたしも類が美味しいって食べてくれたら嬉しいの!」

と言って顔を赤くする。

隣の客ともぶつかりそうな位の距離にセッティングされた席。
手を伸ばしたら向かいに座る牧野にすぐ届く位の小さなテーブル。
窮屈でザワザワとした中で食事するのは落ち着かないけど。
いつも嬉しそうに俺の前に座っているから。ついついこの店に来てしまう。

夏休みと言っても、もうぼちぼち仕事も始めていたから、遊んでばかりいたわけでもなく。
牧野もバイトやらレポートで忙しくしていたらしい。
2人でゆっくり会うのは久しぶりだった。
牧野とのその夏の思い出もまだ何もなかったから

「うん、海、いいね。でも見るだけでいいの?
あんたはその場まで行ったら、泳ぎたくなった!とか言って、海に飛び込みそうなんだけど。
まず水着を買いに行く?」

なんて答えたんだ。

「もー、人を子供扱いしてっ!
あたしだってお盆過ぎたらクラゲが出るって知ってるし、類の前で水着姿になりたいなんて思ってないんだからねっ!」

って顔を赤くしてプリプリしてる。

「ふふっ。分かったよ。ランチしたら海にドライブに行こう。
キールもワインも今はお預けだね。」

とドリンクメニューを閉じた。

「えっ? 類の車で行くの?」

「うん。待たせてる車返して、食事してる間にここまで持って来てもらう。」
「そっ、そんなの悪いよ。
せっかくのオフの日のご飯なんだし、アルコール飲んだらいいのに。」
「別にいつでも飲めるよ、ワインは。」
「まあ、そうだけど。」

ランチは楽しく進む。
オードブルの盛り合わせ。
トマトとバジルの冷製スープ。
メインはついついあの鴨のコンフィを選んでいた。
牧野はすっかり俺が鴨肉好きなんだと思い込んでいる。
ただあんたの喜ぶ顔を見たいだけなんだけどなぁ。
牧野のメイン料理は牛ほほ肉の赤ワイン煮。

「柔らかいっ!口のなかでホロホロっとお肉が解けるよ。」

なんて感激しながら食べている。
もちろんデザートも断らない。
一人でピーチメルバにうっとりする牧野を見ながら、コーヒーを飲んだ。
牧野と食事するといつもの何倍も食べ物が美味しく感じられる。

食事を終えて、一路海へ車を走らせる。
車はシルバーのメルセデス・ロードスターにした。

「類、本当に運転上手くなったよねぇ。
初めて乗せてもらった時と、同じ人の運転とは思えない。」

と牧野が笑う。

「免許取って何年経ったと思ってんの。
海外に仕事で行った時にも運転する事あるしね。
結構楽しいんだよ、ヨーロッパの田舎道を走るのとかさ。」
「へぇー、素敵だね。
あたしの頭の中には映画やテレビで見た景色がイメージされてるけど、類はリアルに見てきてるんだよねぇ。」
「今度一緒に行く?」
「何言ってるの、ムリだよそんなの。
でもいつか行ってみたいなぁ~、ゆっくりヨーロッパ旅行!なんてさ。」

そう言って牧野は高速道路のなんてことない車窓を見ていた。
いや、本当に見ていたのかな。
このところの牧野はなんだか遠い目をしている時がある。
何処を見ているの?
何を考えてる?
牧野の事、何でも分かっていたいのに、やっぱり全てを手にすることは出来なくて。
牧野は何も言わない。
だから俺も聞かない。
ただ笑顔でいて欲しい。
そのためだったら何でもする。
今出来る事は何だろう・・・
そんな事を思いながらハンドルを握ってた。

高速道路を降りて一般道へ。
段々目的の海が近づいてきた。

「類ー、あっちに海が見えてきたー!」
「うん、あと15分位かな。」
「ねえねえ、これ開けて!」

と頭上の幌を左手でかるく叩いている。
ご要望に応えて幌をオープンすると、一気に車内の空気が流れ出し、熱気がどっと押し寄せてきた。
まだまだ暑い夏の日差しが肌を刺す。
俺は慌ててサングラスをかけた。

「気持ちいー!」

と両手を万歳するように掲げる牧野。

「暑いよ…」
「だってもう着くんでしょ。ちょっと位いいじゃない。
何のためのオープンカーよ。」
「あのね、牧野。これは春と秋の天気のいい時用な訳。
夏は普通開けないんだよ。」
「じゃあ、何でこの車持ってきてもらったのよ?」
「いや、夕暮れ時に海を見ながら走らせたら、あんたが喜びそうだなって思ったからさ。」
「いい! それいい考え! でも今もすっごく気持ちいいよ。」

とこっちを見てにっこり笑う。
あぁ、そうか。
いいのか、これで。


__________



前編終わって、海に着いてない!(苦笑)


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

ぽちっと押して頂けたら嬉しいです!

テーマ:二次創作:小説
ジャンル:小説・文学

時間よ止まれ 中編

小さな海水浴場の駐車場に車を停めた。
防波堤の向こうは砂浜。

「潮の香りがするー。」

牧野の声が弾んでる。
車を降りて海辺に目をやると、夏も終わりに近いからか、海水浴客は殆ど居なくて、地元の子供達が遊んでいる程度。
凪の海だ。
潮騒が耳に優しい。

「ねぇ、類、砂浜降りていい?」
「うん、いいけど、波打ち際までは裸足にならないで。
きっと砂が焼けてて熱いから。」
「大丈夫~!サンダル持って来たんだ。
ふっふっふ、実は類の分もあるの。
安物で申し訳ないけど、はい、どうぞ!」

牧野のトートバッグから出て来たのは、ショップバッグに入った一足のサンダル。

「足のサイズ分からないから、テキトーに買っちゃったけど。
お店でサイズは?って聞かれて。
分からないから、色んなサイズのサンダル並べてもらって、類の足をイメージしてこれにします!って選んだの。」

なんだ、それ。面白いけど。
電話一本くれればいいのに。
そう話す間にもさっさと自分はスリッポンからサンダルに履きかえていて、今にも砂浜に飛び出して行きそうだ。
靴と靴下を脱いで試してみる。

「んー、丁度いいみたい。ありがと、牧野。」
「あー、良かった。このサンダル、履き心地が抜群で。
今周りの人にオススメ中なの。ね、砂浜歩こうよ!」

防波堤の切れ間の階段から砂浜におりる。

「類が言った通り、ほんとに砂熱いね。
これは裸足では歩けないよ。」
「そうでしょ。昔、砂浜が熱くてびっくりしたことがあったんだよね。」
「でもこんなに空いてるなんて意外。
夏休みもまだ終わってないから、もうちょっと人が居るのかと思ってた。」
「まぁ、今日は平日だし。
あと、観光客はもっとメジャーな海水浴場に行くんじゃない?
ここは地元の人が遊びに来る所。」
「そんな所、よく知ってたねぇ。」
「近くに別荘があるんだ。」
「そっか。さすが花沢のお坊っちゃま!」

お坊っちゃま、言うな。

「あたし、海って好き。
この波がキラキラしてるのも、匂いも、音も、風も。」

俺の少し前を牧野が歩く。
長いサラサラの黒髪が、海風に踊る。

綺麗だな。あの髪に触れたい。

「髪伸びたね。」
「うん、ほら、お茶のお稽古の時にさ、きゅって髪纏めてお着物着ると、なんだかぴしっと気合が入るから、ある程度は伸ばしてたいんだよね。」
「ふぅん・・・」

総二郎しか知らない牧野。
週に一回、狭い茶室に二人きり。
そのことを思い出すとなんだか面白くない。
着物を着て髪を結い、その白くて細い首を晒す。
どんなに嫋やかな姿だろう。

「類、ちょっとバッグ持っててくれる?」
「ん、いいよ。」

何やら色々詰まっていそうな大きめのバッグを預かると、牧野は両手で髪を纏めてポニーテールに結わえた。
気持ちを読まれたようで、とくっと心臓が一瞬大きく脈打った。
ゆらゆらする尻尾の向こうには、白い項。

「髪上げると涼しいっ!
さっきから暑かったんだよねぇ。」

と言いながら、俺の腕からバッグを取ろうと手を伸ばしてきた。
下を見ていなかったんだろう。
砂に足を取られよろけ、俺に向かって倒れ込んできた。
咄嗟に胸と片手で受け止める。

「ポニーテール、似合ってる。」

と言いながら、牧野が言うところの天使の微笑みを浮かべて顔を覗き込むと、顔を真っ赤にして

「ご、ごめん、ありがと・・・」

と、必死に腕を突っ張って、俺から身体を離そうとしてる。
黒い瞳が濡れている。

その目、反則だよ。
いつも何気ない振りをしてるけど、本当は俺の胸に突き刺さるんだ。

照れ隠しなのか、くるりと踵を返して、早足で海に向かって歩き出した。
波打ち際ギリギリでサンダルを脱ぎ捨て、ジャブジャブと海に入っていく。
思わず

「転ばないでよ、あんたそそっかしいんだから。」

と声をかけた。

日陰に腰を下ろしながら、波と戯れる牧野を見ていた。
海は光が乱反射して、銀色に輝いている。
空の色は夏の終わりを感じさせるクリアブルー。
そこをカモメが飛んで行く。
きらめきの中で牧野の華奢な身体が踊る。
ポニーテールの尻尾が跳ねる。
笑顔が眩しくて目を細めた。

この風景を永遠に俺のものだけにしたい。
他の誰にも見せたくない。
時間が止まればいいのに。

「気持ちいいよ、類も入ろうよ。」
「俺はいいよ。ここで見てるから。」
「ねぇ、ちょっとだけでいいからさ。」

俺の手を引っ張り、無理矢理立たせる。
渋々ズボンの裾をたくし上げ、2人で波打ち際に素足で立った。
白い波がすぅっとやって来て、一拍おいて引いて行く。
足の下の砂も少し流されて、なんだか海に引き込まれている気になる。

「こんな事するの久しぶりだ。」
「そうなの? まぁ、類はインドア派だからねぇ。
でもあたしも海に来たの、何年振りだろ。楽しいね!」

そう言いながら、ばちゃばちゃと波をキックする。
少し大きな波が来そうで、2人で後ずさりした。

「わわわわわっ!」

跳ねる波飛沫で服が濡れそうになり、慌ててる牧野。
引き潮の力が思ったより強くて、身体を持って行かれそうになり、思わず牧野の手を掴んだ。
はっとした牧野が目を丸くして俺を見つめる。

行かないで。
何処にも行かないで。
俺の隣で笑っていて。

どうしても声には出せなかった。

そのまま牧野の手を引いて、水際を歩いた。
海水が染みて固まった砂地の方が、砂浜よりずっと歩きやすい。


「類、海、綺麗だね。」
「ん。」 牧野、綺麗だよ。
「波の音聞いてると癒されるね。」
「ん。」 あんたの声が俺を癒すんだ。
「ずっとここに居たくなっちゃう。」
「ん。」 ずっとあんたの隣に居たい。
「連れてきてくれてありがとね。」
「ん。」 あんたの願いなら何だって叶えてあげるよ。
「もーーーっ、さっきから『ん』しか言ってない!」
「ん。」
「ほらまた!」
「牧野…」
「ん?」
「何でもない・・・」 好きだよ・・・


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

ぽちっと押して頂けたら嬉しいです!

テーマ:二次創作:小説
ジャンル:小説・文学

時間よ止まれ 後編

日が傾くまで牧野は波打ち際と砂浜を行ったり来たりして遊んでいた。
流石に夕焼け空になった頃、水が冷たくなってきたのか、俺のところに戻ってきた。

「あー、楽しかったぁ!」

掌には小さな貝とシーグラス。

「これ、持って帰ってガラスの瓶に詰めようと思って。」
「うん、いいんじゃない。」
「類の分も作るからね。」

そう言いながら俺に微笑みかける。
今日の思い出の瓶詰め。
俺はそれを見る度、今日の事を、そして牧野の今の微笑みを思い出すんだろう。

牧野は防波堤に寄り掛かりながら、太陽が沈んで行くのをぼうっと見ていた。

何を思っているんだろう。
俺の事を思って欲しい。

そう願いながら後ろからそっと近づいて、ポニーテールの尻尾に口付けた。
ふわっと潮の香りがした。

本当にKissしたいのはここじゃない。
牧野の可愛い柔らかな唇に。
後れ毛がふわふわと揺れている白い項に。
俺の抑えきれない気持ちを込めた言葉を載せつつ、その耳元に。
でもまだそんな事をしたらあんたを戸惑わせるだけだから。
今はポニーテールの尻尾にだけ。

「お腹減ったでしょ。そろそろ行こう。」

と車に促した。
風を受けながらのサンセットドライブ。
ポニーテールが風にたなびく。
ラベンダー色の空気の中に、牧野が溶けていくように思えた。

「風が気持ちいいね、類。あたし、今とっても幸せな気分!
海に来て、目一杯遊んで、オープンカーでドライブだよ。
すごい1日。ぜーんぶ類のお陰だね。ありがと、類。」

違うよ、牧野。
あんたが俺に幸せをくれてるんだ。

ディナーを予約していた丘の上のホテルのレストラン。
すっかり暗くなって、遠くに小さな灯りが瞬く海を見ながら食事した。

お酒が飲めない今夜は、ノンアルコールのカクテルを。
夏が終わってしまうのが急に名残惜しくなって、サマー・ディライトで乾杯した。
『夏の歓び』。
俺にとっては今日一日が、この夏の記憶全てになりそうだよ、牧野。

牧野に食べさせてあげたかったのは、捕れたての魚介類と、この地でしか食べられない限定の和牛のステーキ。
海に行くと決めた時、ここに来ようとすぐに閃いた。
魚介類は素材の味を生かすためにシンプルな味付けであっさりと。
柔らかくて甘みのある和牛はとびきりレアで。
全ての料理を目を白黒させながら食べている牧野を見ているのが楽しくて仕方ない。

「昼も夜もフレンチになっちゃったね。良かった?」
「あ、あたしは全然大丈夫。
こんなに美味しいもの頂けて嬉しいよ!ありがとね。」

ほんとにいつもありがとうばっかりだね、あんたは。
でもごめんねじゃなくてありがとうを聞いていたい。
俺はそのためなら何でもするんだよ。

帰りの車で、牧野はあっさり夢の国へ。
遊び疲れて、お腹がいっぱいになったらお眠って、子供みたいだね。
まぁ、予想してたけれど。
ついつい笑みがこぼれてしまう。

車を止めて牧野を見つめる。

この寝顔を永遠に俺のものだけにしたい。
他の誰にも見せたくない。
時間が止まればいいのに。

もう一度ポニーテールの尻尾に小さなKiss。
眠り姫はもちろん起きない。
くすりと笑って、再び車を走らせる。
待ってて、眠り姫。
いつか俺のKissで目を覚ましてもらうから。


-fin-


__________


類とつくしが食べてるご飯、美味しそう・・・
フレンチ、食べたい・・・(←煩悩がはみ出ています)
基本的に、自分の行ったことのあるお店や、食べたことのある食べ物をイメージしているので、書きながらお腹が減ります(笑)

この話はとあるJ-POPからシチュを頂きました。
本当は永遠の別れの歌ですが、希望があるような話にしたいと、書き換えちゃいました。
この曲です!
どうしても類のイメージと相容れない部分は変えたり、エピソードに盛り込めなかったものははしょったりしましたが、海辺での部分はこの曲が元になっています。
このお話を書いてる時、暗記しちゃうんじゃない?というくらいリピートして聞きました。
お楽しみいただけたら幸いです。

まったりした海でのデート。
総つくではしっくりこず、類つくとなりました。
後編はちょっと短かったですねー。スミマセン。
いつか、その後の2人を書けたらいいなと思います。


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

ぽちっと押して頂けたら嬉しいです!

テーマ:二次創作:小説
ジャンル:小説・文学