プロフィール

hortensia

Author:hortensia
花男にはまって幾星霜…
いつまで経っても、自分の中の花男Loveが治まりません。
コミックは類派!
二次は総二郎派!(笑)
総×つくメインですが、類×つく、あき×つくも、ちょっとずつUPしています!
まず初めに「ご案内&パスワードについて」をお読み下さい。
https://potofu.me/hortensia

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
ランキングボタン
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ



ご訪問有り難うございます
カウントダウンタイマー
花男Blogリンク
君を愛するために
明日咲く花
お友達Blogリンク
恋花-koibana-
沫雪の唄
ブログ村ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

スレチガイ -side つくし-

プチイベント・『霜降月なのに熱い夜×4!!!!』開催中!
チャット会と並行してUPするSS一つ目は管理人のお話です。


__________



窓の外で銀色に輝くススキの穂が淡い秋の空をバックに、さわさわと風に揺れているのを見つめていた。
特に何かを考えてた訳じゃない。
ぼんやりと「ああ、すっかり秋だなぁ。綺麗だなぁ。」って思ってた位で。
だから、不意に項に口付けられた時、ビックリして変な声が出てしまった。
慌てて首に手を当てつつ、後ろを振り返ると、してやったりといった風のニヒルな笑みを浮かべて立っている人がいる。

「何するのよ? びっくりするじゃん。」
「別にいいだろ。つくしちゃんの後ろ姿があんまりにも魅力的だから、自然と吸い寄せられたんじゃね?」
「嘘ばっかり。
いっつも色気ねえ!とか散々言ってくるくせに。
白々しいんだよ、西門さんは。」
「お前、俺が何言ったって信じないってスタンス、ホント失礼だぜ。」

口答えしようと思ったのに、視界の端から真近まで、スラリとした綺麗な指が、まるで舞を踊っているかのようにすうっと伸びてきたから、意識がついそっちに向いた。
態と頬っぺたを掠めるように滑らされた指の行き先はあたしの耳の辺り。
纏めきれなかった後れ毛をあたしの耳に掛けている。
擽ったくて、ドキっとして。
思わず首を竦めた。

「司が帰って来るってよ。」

その声に、ついと視線を上げて、声の主を見詰めると、さっきのあのニヒルな笑みは消えていて、無表情になっている。
いや、無表情という仮面を被っているというのが正しいのかもしれない。

「ふうん・・・」

それだけ呟いて、またくるりと背を向けた。
何だって2人でいられる穏やかな時間に、波風を立てるような事を言ってくるんだろう?
『司』という名前を出す時、この人は明らかに『類』や『あきら』という他の2人の親友の名前を口にする時とは違う意味を込めてくる。
その度にあたしは信用されてないんだな・・・と思わずにいられない。
どんなに言葉を尽くしても、どれだけ自分を曝け出しても、この人の中であたしはずうっと、『司を好きだった女』というレッテルが貼られたままなのだ。

「会いたいか?」
「・・・別に。あたしの事分からないんだから、会ったって話す事ない。
西門さんの方が会いたいんじゃない?
もう随分前に会ったっきりでしょ?
たった3人しかいない友達のうちの1人なんだから。」
「類じゃあるまいし。
俺の人間関係、もうちょい幅広いっつーの。」

そうは言っても、本当に心を許せる友達は、あの3人しかいないのに。

「今度こそ会ったら自分の事思い出すんじゃねえかって思わねえの?」
「・・・思わないよ。
もう全部終わった事。
今更思い出して欲しいとか思わないもん。」
「お前、嘘吐きだな。」
「嘘じゃない。」
「ま、俺もペテン師みたいなもんだから、似合いだけど。」

そう言ってふふっと小さく自嘲した人は、またあたしの項に唇を押し当てた。
身八つ口から無遠慮に挿し入れられた手が、あたしの弱いところを探り当てて撫でていくから、堪え切れずに身体を捩る。

「なあ、つくしちゃん、ヤらせて。今すぐ。」

態とこの静けさと陽の光に満ちた場にそぐわない、下卑た言葉であたしを煽る。

「こんなに明るいうちからはヤダ。」
「明るいとメチャクチャ乱れちゃうから恥ずかしいって?
そういうのを見たいんだろうが。」

妖しい手の動きを遮ろうとするけど、この人の力や、手先の器用さに勝る筈もなく。
どんどん身体は自分の意思とは関係無く、力が入らなくなってしまう。

どんなにあたしの事抱いたって、結局信じてはくれないのに・・・

抵抗虚しく、最も簡単に帯締めも帯揚げも解かれてしまって、帯がすとんと足元に落とされた。
折角綺麗なお着物着せて貰ったのに、それを着付けた人が脱がせてるんだから。
何の為に着せたのよ?と頭の片隅で思ってしまう。
とうとう襦袢姿にさせられて、隣の部屋に押し込まれた。
予想はしていたけれど、そこは広々としたベッドルーム。

「ねえ、お着物皺になっちゃう・・・」

さっき隣の間に脱ぎっぱなしにした高価そうなお着物の事を口にしたら、いきなりベッドに押し倒された。

「余裕だな、お前。
でもすぐにそんな事考えられないようにしてやるけどな。」

口よりももっと何か言いたげな黒く煌く瞳を見上げる。
なぜかその眼を見ていると、切なくなって、目の裏がじんと熱くなってきた。

何を言ってもその胸には届かない。
身体を繋げたって、二人がひとつになれる時はほんの一瞬で。
それでも、その一瞬だけでも、身も心も全てあなたのものなのだと感じてくれるなら。

「西門さん・・・」

愛しい人の名前を呼ぶ。
その名を口にするだけで、胸が締め付けられる程、あたしにとって大切な名前を。
ありったけの想いを込めて、その名を呼ぶ。
それを飲み込むかのように、激しく唇を塞がれ、吸われ、侵食されて。
気付けば襦袢は襟と裾を割られ、辛うじて腰紐だけが身体に巻き付いているかのようになっていた。
裸でいるよりも恥ずかしい姿でいることに気付き、身体がどんどん熱くなる。
嫌だと言っても赦してはもらえず。
明るい部屋の中で、はしたない姿を晒すあたしは、この人の思惑通り、いつもより早く融け出した。
そんなあたしを思うがままに動かして、どんどんどんどん狂わせてく。
まるで荒波の中に放り込まれたかのように翻弄された。
でも軋む身体よりも、もっともっと心がひりつく。
貫かれる衝撃と快感が身体を突き抜けていくけど、同時に胸に鋭い痛みも走るから、勝手に目尻からぽろりぽろりと涙が零れ落ちた。
その涙の粒をぺろりと熱い舌で舐め取られる。

「泣くほどイイ?
お前って、SEXなんか知りませんみたいな顔して、ホントはメチャエロいよな。」

あたしの零す涙を勝手に随喜の涙だと思い込んでるこの人は、言葉でもあたしを嬲ってく。

目の前にいるのに。
この手でしっかり掴んでいるのに。
身体を深く繋げてるのに。
あたし達の気持ちはいつも擦れ違ってる。

どうしたらいいのか分からないまま、激しい波に飲み込まれ、身体がバラバラになりそうな中、譫言のように名前を呼ぶ。
その名を口にすることしかあたしには出来ないから。
身体中の力が抜けてしまい、意識もゆらゆらと揺れ出した時、またあの熱い唇が項に押し当てられて、今度はきつく烙印を押された。
いつも付けられる所有の印。
それが付けられて心底ほっとする。
こうしてくれてる間は、あなたはあたしを手放さない。
そう思えるから。
深く息を吐き出して、目を瞑る。
あたしはやっと眠気に身を任せた。


__________



イベントSSは甘ーいのを書きたかったのに、思いっきり切ない2人になってます(^_^;)
単に「項にキス!」の場面を書きたかっただけなのにー!
なかなか思い通りに動いてくれない2人です。
-side 総二郎-に続きます!


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

ぽちっと押して頂けたら嬉しいです!

テーマ:二次創作:小説
ジャンル:小説・文学

スレチガイ -side 総二郎-

プチイベント・『霜降月なのに熱い夜×4!!!!』、四夜目です。
今夜は管理人のお話。
-side つくし-に対する総二郎の気持ちです。


__________


俺はいつも誰かのスペアにしか成り得ないのか?とつい思ってしまう。
西門にとってはいなくなった兄貴の代わりで。
こいつの前では司の代わり。

『西門流』というものの中では、条件が揃ってる奴が『次期家元』を名乗らなきゃならない。
期待の星だった兄貴が逃げ出したから、仕方なく次男坊の俺のところにお鉢が回って来た。
俺自身が必要なんじゃない。
単なる身代わりだ。
そしてこの女、牧野つくし。
こいつにとって俺は・・・
元々は『恋人の親友』で。
司が牧野の記憶を無くしてからは、『恋人だった男の親友』になり。
そして今は・・・一体何なんだろう?
『恋人だった男の代わりの恋人役』?

俺を好きだと言うけれど。
それは司の記憶が失われたからだ。
いつか司の記憶が戻ったら、こいつはきっと俺から離れていっちまう。
司だってこいつを攫っていくに決まってる。
だってあんなに強く惹かれ合って、信じ合ってた2人だ。
それを無かった事になんか出来っこない。
そしてその恋をずっと側で見守ってたのが自分なんだから。
2人の結び付きを嫌ってほどに知ってるんだ。

牧野を抱くと、必死で俺に縋ってくる。
そして何度も何度も俺の名を呼ぶ。
司が花開かせることがなかった白くて華奢な身体。
この世で俺しか知らないこの身体を組み敷いて、思いの丈をぶつけていても、本当は俺じゃなくて、司にこうされたかったんじゃないかという考えが過ぎる。
愛し愛された司に捧げたかった純潔を、司がいなくなったから俺に与えた。
名前を呼びたい相手がいないから、代わりに俺の名を呼ぶ。

本当に口にしたいのは司の名前なんじゃないのか?
あの日、あの時まで呼んでいたように。
愛しさをこめて「道明寺!」と。

俺は怖いんだ。
牧野が本当に求めている相手の名を口にしたらどうしようかと、いつもどこかで怯えている。
もし俺に抱かれているのに、司の名を呼んだとしたら・・・
俺はその場でこいつを手にかけてしまうかも知れない。
そんな狂った思いに、俺の胸の内は支配されている。


秋も深まったある日、牧野を郊外に連れ出した。
2人で表を出歩いて注目を浴びることを嫌うこいつは、俺と会う時はいつも人目を気にせずにすむ所ばかり。
茶の稽古をつけると言えば嫌とは言わないから、それを口実に、広い庭の景色も楽しめる温泉宿に連れて来た。
極々限られた者しか利用出来ない、会員制のこの宿は、静かで、落ち着いた雰囲気が漂う。
誰にも邪魔されずに2人で過ごせる格好の場所だ。
牧野の為に俺が選んだ着物を着せて、帯を締め、最後にその髪に簪を挿す。
人前では決して晒さない項が露わになるのは、俺の前だけ。
そこには淡い色になり消え掛かった俺の口付けの痕が見える。

宿の部屋に茶室がある訳ではないから、和室で茶箱を使った点前を稽古した。
普段使わない道具や、小ぶりの茶碗や茶器にいちいち目を輝かせて見入っている牧野を見るのはこっちの気持ちを和ませる。
だけど、ここに連れてくる為の口実だった茶の稽古が終わってしまったら、一体何をしたらいいのか、何を話したらいいのか分からなくなってしまい、俺はただただ物珍しげに部屋の中を見て回っている牧野の姿を目で追いかけるばかりだった。

大きな窓の向こうには、様々な種類の草木が植えられた広い庭が拡がっている。
まだ少し紅葉には早くて、でも花の季節は過ぎていて、色味に乏しいその庭の中で、ススキの穂が陽の光に照らされて揺れているのが目を引く。
それを見詰めている牧野の背後にそっと近付いた。

外の景色よりも、こっちを見ろよ。
俺はここにいるんだ。

折れそうに細くて、後れ毛が艶かしい項に唇を押し当てると、それに驚いた牧野が「ひゃっ!」なんて間抜けな声をあげる。
振り返って抗議の言葉を投げつけてくるのは、いつものお約束ってヤツだ。
だけど面と向かって軽口を叩きあっていると、次第に胸の奥がざわざわと波立つ。
視線を絡ませると、何かが呼び覚まされる。
そう、それはいつも腹の底に沈めている筈の不安の塊。
黙って堪えておけばいいものを。
俺の口は勝手に喋り出す。

「司が帰って来るってよ。」

俺はこいつを試してるんだ。
どれだけ司に心を残しているのか推し量るために、こんな事を言ってしまう。
司の名を出して、こいつの瞳は揺れるのか?
驚きで目を丸く見開くのか、嬉しさで頬を微かに赤らめるのか、それとも俺への気まずさで顔を歪めるのか・・・
些細な変化も見逃さないように、じっと見詰めてみたけれど。
牧野の顔に浮かんだのは、「何だってそんな事を言うのか?」という少しの抗議が混じった、怪訝な表情だった。
俺と違って腹芸なんか出来やしないこいつのそんな顔に、こちらこそキツネにつままれたような心持ちになる。

「ふうん・・・」

詰まらなさそうに呟く声。
いや、そんな筈ないだろ?
無関心であれる筈がない。

まだ陽は高いというのに、嫉妬と不安で目の前が暗くなっていく錯覚に陥った。
どうしようもなくなって、牧野に手を伸ばす。
今俺に出来る事。
俺にしか出来ない事。
司に出来なかった事。
それが牧野を抱く事だ。
俺しか知らない牧野を見て、触れて、感じて、その声で頭の中をいっぱいにする。
大いなる征服感とほんの一欠片の優越感に味付けされた快感を、身体全部で味わう。

「西門さん・・・ 西門さんっ・・・」

繰り返し名を呼ばれる度にぞくりとしたものが身体を突き抜けてく。
俺の名を呼んでいる事に安堵して。
その一方で、俺の名前以外決して呼んでくれるなと、切に願う。

俺に責め立てられ、涙を零しつつ身体を震わせてる。
なあ、その涙は何の涙だ?
司以外の男に抱かれている哀しみのせいか?
司以外の男に感じている自分を歯痒く思っているからなのか?

舌先で零れ落ちた涙を掬い取る。
塩辛い水の粒の筈なのに、それはひどく苦く感じられて。
毒を飲んだような気持ちに襲われた。
身体はどうしようもなく熱を帯びているのに、思考は冷え冷えと凍り付いていくような毒の粒。
持て余してるやるせない感情は、牧野の身体を激しく貫いて、熱と一緒に吐き出させる以外の逃がし方がないから。
今日もまた牧野の限界が来るまで抱きつぶしてしまった。
くたりとして、ものも言わなくなった牧野を腕に抱き、歯止めが利かなかった自分を後悔しても後の祭りだ。
顔を寄せた首筋は肌の甘い香りと、俺がかかせた汗の匂いがした。
そっと髪を掻き分けて、いつも口付ける項を露わにする。
最初はそっと唇で触れるだけ。
それから、紅い痕を付けるために強く吸い付くと、口の中には微かに血の味が広がった。

俺だけの牧野。
俺のものだという証。
今だけかもしれない。
こんなもの付けたって、心がここにないなら意味は無いのかもしれない。
それでも付けずにいられない。

なあ、俺達は、いつまでこうしていられるんだろう?
いつまでお前は、俺の腕の中で眠ってくれる?
終わりが来るまでどれくらいの時間が残っているんだろう?

先の見えない未来。
俺も、そして牧野も知らない、残された時間。

離したくないのに・・・
こいつがいなきゃ俺は駄目なのに・・・

互いの気持ちが重なる事はない。
身体を繋げた時だけ、ほんの一瞬交差する。
だけど掴み切れずにするりと手の内から逃げていく。

この温もりを手離すことを思ったら、胸に刃が突き立てられたかのような痛みが走るから。
それをやり過ごす為に、目をぎゅっと閉じて、奥歯を噛み締めた。
そっと身体の線を掌でなぞる。
背中に頬を寄せて、肌の感触と体温を感じていると、規則正しく胸が上下しているのが伝わってきた。
とくりとくりとくり。
眠りについた牧野の心臓は、乱れる事なく淡々と脈打ってる。
静かな宿の部屋で、俺の耳に届く音はこの優しくも哀しいカウントダウンの響きだけで。
それを聴きながらただひたすらに、この時間がゆっくりと流れていくことを願ってた。


__________



切ない想いと願いを抱えている総二郎・・・でした。
2人はどうすれば、すれ違わないで、手を取り合えるのか。
アンサー編が必要ですね、これは(^_^;)
考えてみるのでちょっとお時間下さい!

さてさて、プチイベント・『霜降月なのに熱い夜×4!!!!』と題しまして、チャット会+SS4話UPして参りましたが、お楽しみ頂けたでしょうか?
チャット会にお集まり頂いた皆様、そしてお話を寄せて下さったりく様のお蔭で、管理人にとっては楽しいイベントになりました。
どうも有り難うございました!


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

ぽちっと押して頂けたら嬉しいです!

テーマ:二次創作:小説
ジャンル:小説・文学

believe -The answer of スレチガイ-

総二郎生誕祭 2016!開催中です(^^)
3つ目のお話は、先日のプチイベントで書いた、「スレチガイ」の切ない2人のアンサー編です。


__________



目が覚めて、隣にその温もりを感じると、まだここにいてくれた事にほっとする。
けれど、いたはずの姿が見えないと、来るべき時が来てしまったのかと、絶望の淵に立たされる。
それがただ単に先に目覚めてベッドを抜け出しているだけだったとしても、姿を目にするまで、息をする事すらままならなくなり、生きた心地がしないのだ。

今朝も2人で夜を過ごしたホテルの部屋で、気が付けば一人きりだった。
言い様のない不安に、胸が潰れそうになりながら、身体を起こしてぐるりを見渡す。
あいつの姿は見えない。
部屋の中もしんと静まり返っている。
心臓がどくりどくりと嫌な感じに鳴り出して、その名を叫び出したい衝動に襲われた時、かちゃりと音を立ててひとつのドアが開いた。
濡れ髪で、バスローブ姿の牧野が現れる。
一気に緊張が解け、どっと身体中に血が巡り出す。
牧野には気付かれないようにふう・・・と息を吐き出した。

「あ、西門さん、起こしちゃった?」

手にしたタオルで髪を拭いながら、化粧を施していないあどけない顔でふわりと笑ってみせる。
その無防備な様子をまともに見られなくてつい目を細めた。

「牧野・・・」
「もう結構いい時間だよ。
お腹減ったんじゃない?
ルームサービス、お願いしようか?」

メシなんかどうでもいい。
俺に必要なのはここにお前がいてくれるという実感だ。

ベッドの端に腰を下ろして髪を手櫛で梳いている牧野を、背中から思いきり抱き竦めた。

「なっ、何? どうしたの?」
「・・・どうもしねえ。」

派手に音を鳴らしていた心臓がいつものペースを取り戻す迄、とても身体を離せそうにない。

どこにも行くな、行かないでくれと、口に出来たらいいのに。
俺に止める権利は無いから。
こいつが独りで路頭に迷い、ぽつんと立ち竦んでいた所に、勝手に近付いただけなんだ。
だからこいつが自分の歩むべき道をまた見定めた時、その背中を見送るしか出来ない。
俺達の歩いていく道は別々の道。
今だけ交わってる交差点にいるんだろう。

離したくなくて。
抱き締めてる腕に力が篭る。
指先が、その柔らかな肌に跡を残してしまいそうに食い込んでるのに気付いたから、代わりに牧野が着ているバスローブの端を握り込んだ。

「・・・ねえ、どうしても欲しいものがあるって言ったら、ひとつだけあたしにくれる?」

唐突に話し出した牧野の言葉の意味がよく分からない。

いつも欲しいものなんて何もないって言っているこいつが、唯一欲しいと思うもの。
聞くのが怖い。
自由をくれと言わないで欲しい。
俺の元を離れて別の男の所に行く自由を。

「何だ? 何だって買ってやるよ。
服でも、靴でも、バッグでも、宝石でも。」

分かってる、こいつの欲しいものがそんなんじゃ無いこと位。

「そんなの要らないよ。
いいって言ってるのにもういっぱい貰っちゃったし。
そうじゃなくて・・・」

司を・・・
司の記憶を返してくれと言わないでくれ。
お前がどんなに司を想っていても、俺にしてやれる事は何も無いんだ。
ただ時が来たら、この腕を解放して、見送るだけ。
だけどそれは想像するだけで身を切られるような痛みが走る。

「・・・そうじゃなくて?」

また不安に押しつぶされそうになった心臓が暴れ始めた。

聞きたくない、聞きたくない!
嫌だ、嫌だ、嫌なんだ、お前の口から決定的な言葉が紡ぎ出されるのを聞かされるのは。

心臓が口から飛び出して来そうなのを、必死に押し留めようと唇をきつく結ぶ。
すると牧野が俺の腕の中で無理矢理身体を捻って、こちらに顔を向けた。
無垢な輝きを放つ黒い瞳が俺を見上げてる。
その煌めきに見入ってしまい、目が外らせなくなった。
真近で目と目を見つめ合う。

「あたしを・・・
あたしを信じて欲しい。」

その一言に、時が止まった気がした。
金縛りにあったかのように身体の動きが止まる。

「あたしは何処にも行かないよ。
西門さんがもういらないっていう時までずっと側にいる。
だから・・・
だからさ、そんな哀しそうな目、しないで?
あたしは、あたしの全部で西門さんの事想ってるよ。
あたしの気持ち、信じて。」

何か言おうとしても、口から溢れてくるのは短い呼気ばかりで、声にならない。
そのまま牧野を見つめ続けていたら・・・
ゆっくり瞼が閉じられて、こちらに顔が近付いてきて。
俺の唇にそっとそっと柔らかな牧野の唇が押し当てられた。
胸がキュッと絞られたような感覚が舞い降りて、その後切ない痛みが身体の隅々まで広がっていく。

この感覚は一体何なんだ・・・

言葉に出来ないから、もう一度牧野を自分の胸に抱き締め直した。

俺は牧野の言葉を信じていなかった。
俺が好きだと言ってくれても、信じ切れなかった。
心の何処かで司を想っているのだろうと。
いつか司の元に戻ってしまうのだろうとずっと怯えていた。
いつも、いつでも、怖かった。
でも・・・

「・・・信じてもいいのか?」

やっと紡ぎ出した声は、少し震えていたかもしれない。

「信じてよ・・・
信じて欲しい。
あたしはずっと、そう願ってたんだよ。」

牧野を閉じ込めている俺の腕に、そっと温かな掌が添えられた。
確かな体温を伝えてくるその手の感触に、頑なだった俺の心が解されていく。

「じゃあ、俺がお前を信じたら、お前も俺にひとつだけくれるか?」

そう。俺の願いもひとつだけ。
ずっと、ずっと、そのひとつだけを求めてた。

「あたしが西門さんにあげられるものなんかあるの?」
「ああ・・・
俺に『牧野つくし』をくれ。」

そう言ったらくすりと笑い声が聞こえてきた。

いつものこいつなら、こんな事言ったらジタバタしそうなものなのに。
何で笑うんだよ?

「そんなの。
もうとっくにあたしは西門さんのものだよ。
知らないの?」

俺の腕の中にいてくれても、身体を重ねていても、その心は掴めないと思い込んでいたんだ。

くすくす笑い続けてる牧野の項に口付けたら、吃驚したのか、ぴくりと肩が跳ねて、笑い声が止まった。

「このカラダも俺のもの?」
「バカッ! エロ門っ!」
「心も全部俺のもの?」
「・・・そーだよ!
あたしの中には西門さんしかいないんだもん。
言っとくけどね、あたしは惚れたら一途なの!
13股の西門さんとは違うんだから!」

まだ夢見心地で、頭がぼうっとして。
俄かには信じられない気分だけど。
今初めて、本当に牧野を何の蟠りもなく抱き締められている気がする。

「俺も惚れたら一途なオトコだぜ。
一生掛けて見せつけてやるよ。」

一気にベッドの上に押し倒して。
目をパチクリさせている牧野を見下ろす。

そう、お前が信じてくれって言うなら。
俺はお前を信じるよ。
だからお前も・・・

そんな願いを込めて、長い長いキスを落とした。


__________



総二郎をHAPPYに!を合言葉に書かせて頂きました!


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

ぽちっと押して頂けたら嬉しいです!

テーマ:二次創作:小説
ジャンル:小説・文学