プロフィール

hortensia

Author:hortensia
花男にはまって幾星霜…
いつまで経っても、自分の中の花男Loveが治まりません。
コミックは類派!
二次は総二郎派!(笑)
総×つくメインですが、類×つく、あき×つくも、ちょっとずつUPしています!
まず初めに「ご案内&パスワードについて」をお読み下さい。
https://potofu.me/hortensia

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
ランキングボタン
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ



ご訪問有り難うございます
カウントダウンタイマー
花男Blogリンク
君を愛するために
明日咲く花
お友達Blogリンク
恋花-koibana-
沫雪の唄
ブログ村ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

素敵なバスタイム by 花梨様

ブログ開設4周年のプチイベント、第六夜目は敬愛する大先輩の書き手さんである花梨様より、お祝いの小咄を頂いちゃいました♪
パイセン、本当に有り難うございます!
本日からGWということで、それにちなんだF4&つくしが登場です。
Seasonal Conversation」の花梨様Ver.といった感じになってます。
爆笑必至!
周囲に気を付けてお読み下さい!


素敵なバスタイム


「わあ~~~貸し切りだあ~~~! コレって最高かも。
なんか、アイツ等が画策したってこと・・・あるかも。
でも、ま、いっか、こお~~~んな広いお風呂を独り占めなんだもん。
ふう~~~気持ちいい~~~!」

「よかった、牧野に喜んでもらえて。」

「は?いいいいいい今、なんか聞こえたような・・・って!
ぎゃーーーーーーーーあああああああ、ああああななななななんでココ、女湯うううううううう!」

「でも、誰も入れないようにしたよ。」

「そう、ならいっか・・・って違ッ!
なんでココに花沢類がいるのよおおお!」

「牧野、声、デカイ。」

「でででででかいって、そりゃスイマセ・・・じゃない。
ちょ、ちょ、マズイでしょう、でででってってよおおお(´;ω;`)」

「だから声、デカイって。お風呂場って響くよ、声。」

「ねえ、お願いだから出て・・・アンタがチカンにされちゃうの、あたしイヤだから。」

「なんかいいね、声、潜めてナイショ話。
イヤラシイことばっかしか頭にないバカップルみたいで、俺、楽しい。」

「イヤラシイいいいいいいい!!!あたしは違ううううう!!!」

「「「牧野、どうした?ああッ!類、何してやがるッ!!!」」」

「ってあんたたちも何で入ってくるのよおおお、しかも、はだ・・・はだ、裸でえええ!」

「風呂ってマッパで入るモンだろう?」

「って流し目しないでええ!」

「意識してやってねえもん、何、俺ンなに色気ある?」

「総二郎、イヤラシイ・・・」

「なーに言っちゃってんだよ、抜け駆けで牧野の風呂に侵入しといて。」

「それ違う、俺のほうが先に入ってた。俺が牧野に襲われたの。」

「ええええええええええええええええええええええええじゃあココはああ・・・」

「ウン、男湯」

「ぎゃああああああああああ!」

「「「フダ、差し替えたのは類だな・・・」」」"(-""-)"


ってF4とつくしチャンのGW温泉旅行記でした♪

この後、総二郎の前を覆っていたタオルが・・・たぶん、意図的にハラリと・・・
つくしチャンの絶叫がさらに多くなったかも。
「総二郎・・・わざとだな」ってあきら。
「そ、総二郎、ハズイ(*_*)」って司。
そっぽ向く類でした。


__________



この類、確信犯・・・
ウチのピュアピュア類と違って腹黒い感じがするわ!
先に入ってたのに、どうやって男湯と女湯の札差し替えたのか?
何だかどこかに共犯者がいそうな雰囲気?
と、色々妄想も膨らむお風呂シーンでございました!

先日、チャットルームの方に落書きして頂いたのを、勿体ないからUPさせて下さーい!とお願いして、こちらに再掲となりました!
花梨様、有り難うございましたm(__)m
パイセンなしにはいられない程に、パイセンの書かれるお話のファンでございます!
これからもどうぞ宜しくお願いします!


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

ぽちっと押して頂けたら嬉しいです!

テーマ:二次創作:小説
ジャンル:小説・文学