プロフィール

hortensia

Author:hortensia
花男にはまって幾星霜…
いつまで経っても、自分の中の花男Loveが治まりません。
コミックは類派!
二次は総二郎派!(笑)
総×つくメインですが、類×つく、あき×つくも、ちょっとずつUPしています!
まず初めに「ご案内&パスワードについて」をお読み下さい。
https://potofu.me/hortensia

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
ランキングボタン
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ



ご訪問有り難うございます
カウントダウンタイマー
花男Blogリンク
君を愛するために
明日咲く花
お友達Blogリンク
恋花-koibana-
沫雪の唄
ブログ村ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

真夏の夜の屁理屈

それはたった一夜の出来事で。
ほんの一夜の事なのだから、すぐに忘れられると思ったんだ。
いつも通り。
他の名も無き女達と同じ様に、あっという間に過去となり、何の記憶も残さずに消えていくのだと。
そう思っていたから抱いたのに。
それは丸っきり間違っていたのだと思い知る事になった。


『司』という呪いを解くために大きな変化が必要だと言った牧野。
「そんな面倒な事に巻き込まれるのはごめんだ。
類かあきらのところに行けよ。」
と突き放した俺に
「類と友達でいられなくなる。
美作さんの妹でいられなくなる。
あたしの事、女とも思ってない西門さんが一番適任なの。」
と自分勝手な論理を振りかざして来た。

「俺にとって何の旨みもないのに、どうしてそんな事しなきゃなんねえんだよ?
どっかにいるだろ?
後腐れなくて、お前みたいな凹凸のない寸胴ボディでもいいって物好きが。
一応鉄パン処女なんだし。
和也なんか尻尾ふってくるんじゃね?
新品同士でお似合いだ。」
「だから、和也君でも駄目なんだってば!
あたしの事好きって言ってくれてる人利用するなんて出来ないよ。」
「何で俺なら利用してもいいんだよ?
お前の言い分、支離滅裂だろうが!」
「だって、西門さんは何したってあたしの事なんか好きにならないでしょ。
それに好きじゃない女の人だっていーっぱい相手にしてるじゃない。
何であたしは駄目なのよ?」

何を言っても屁理屈をこねる。
忌々しく思えて、思いっきり不機嫌そうに睨み付けてやったのに、ちっとも怯む様子もなく、鼻息荒くさせている変な女。

「ダチとは寝ない。
お前から見たら、俺は誰とでも寝てるように見えるんだろうけどな。
俺にだってルールがあるんだよ。
距離が近い相手は後々面倒なんだ。
だから手を出さない。
そのルール守ってやって来たから、この通り、誰からも恨まれたり、刺されたりする事もなくこの世の春を謳歌出来てるってワケ。
お分かりか?」
「桜子とは寝たくせに!
あたし、知ってるもん!」
「ばっ・・・!
あれはノーカンだろ?
まだダチになる前だったし。
こっちが詐欺に遭ったみたいなモンだったろうが!」
「何で優紀や桜子なら良くて、あたしは論外なのよ?
どこが違うっていうの?」

どんどん変な論理で畳み掛けられて。
俺もよく分からなくなって来た。
その他の女と牧野との違いがどこにあるのか?
そう言われてみれば境目は曖昧だ。
一夜を共にした後、桜子はその事を綺麗さっぱり忘れたかの様に振る舞っていたから、俺もそれに乗っかったし。
優紀ちゃんとは、少し擽ったい様な余韻が残っていたけど、それでも会えば友達の域を超えて来たりしないでいてくれたから、俺も自然に振る舞えた。

じゃあ牧野は?
何でこんなに俺はこいつには手を出すまいって決めてるんだっけ?

連日の猛暑で俺は少しおかしくなっていたのかも知れない。
考えるのも面倒になり、鉄パンさえ脱げればこいつの気も済んで、こんな事で纏わり付かれることも無くなるだろ?なんて思ってしまった。
他の女と遊ぶ時同様に、牧野とホテルの一室に入ってしまい、迎えた朝。
俺は死ぬ程後悔する羽目になる。


子供みたいなあどけない寝顔で、すうすうと寝息をたてている牧野。
それを愛おしいと思ってしまう自分がいて。
柔らかな頰をそっと撫でながら、小さく溜息を吐き出す。

こうなっちまうから、ダメだって思ってたんだな。
牧野に触れたら、自分が牧野に落ちてしまうって、頭の中の何処かから危険信号が出てたんだ。
今迄それに従って、ダチの範囲に留まっていられたのに!
『抱いて欲しい』なんて迫られたら、あっさりそれを越えちまったじゃねーか!
どうしてくれるんだよ?

寝乱れている黒髪に指を滑らせ梳いてみる。
血が通っていないが故にひやりとしていて、サラサラとした手触りを感じると、また胸がざわざわと騒いで。
たったこれだけの事に心が動かされる事に驚く自分がいた。

ああ、ダメだ、こりゃ。
ドツボにハマった気がする。
簡単には抜け出せそうにない。
そーだよ、俺はこいつにハマって、いつまでも抜け出せない類や司を見て来たのに!
何で俺まで同じ道辿ってんだよ?

もう一つ溜息を吐いて、眠りこけている牧野をしっかりと抱き寄せる。
むにゃむにゃと何事か寝言を呟いてる、呑気な女をすっぽり自分の腕の中に囲い込めば、ドクンドクンと心臓が音を立て始めた。

マジか?
息が苦しいんだけど、それもこいつの所為なのか!
ったく、どうしてくれんだよ?

厄介な事になってしまったと、思わず舌打ちしたくなる。
その一方で湧き起こる牧野への熱い想い。
身体をぴたりと寄せながら考え付いた結論は・・・

よーし。
責任取ってもらおうじゃねえか!
この西門総二郎をこんな風にしたんだから。
その責任は、この迂闊な鉄パン処女だった女に取ってもらうぞ。
その代わり・・・
俺は純情無垢な乙女をオンナにしちまった責任取ってやるよ。
覚悟しろ!

目が覚めて、紅くなったり、目を白黒させるだろう牧野を思い描いて、くすりと笑いをこぼした。


__________



すみません、更新、暫く間が空いてしまいました。
自分の体調悪化のち病人の体調悪化故に病人入院危機!という最悪パターンでした。
やっと自分も病人も落ち着いて来たところです。
PCに向かう余裕はまだ無いので、とりあえずSS1話だけでもお届けしよう!と、ストックしてあったネタに手を入れてみました。
ドツボにハマった総二郎に、くすりと笑って頂ければ幸いです。
止まっているお話たちも、少しずつ書いておりますので、気長にお待ち頂けたら・・・と思います。
暑い日が続きますから、水分、塩分、ちゃんと摂っていきましょうー!


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

ぽちっと押して頂けたら嬉しいです!

テーマ:二次創作:小説
ジャンル:小説・文学