プロフィール

hortensia

Author:hortensia
花男にはまって幾星霜…
いつまで経っても、自分の中の花男Loveが治まりません。
コミックは類派!
二次は総二郎派!(笑)
総×つくメインですが、類×つく、あき×つくも、ちょっとずつUPしています!
まず初めに「ご案内&パスワードについて」をお読み下さい。
https://potofu.me/hortensia

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
ランキングボタン
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ



ご訪問有り難うございます
カウントダウンタイマー
花男Blogリンク
君を愛するために
明日咲く花
お友達Blogリンク
恋花-koibana-
沫雪の唄
ブログ村ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

答えはYESのみ? 後編

「お前、俺とロンドン行くの嫌なのか?」

「嫌も何も・・・」

「何か日本を離れられない理由でもあるか?
好きな男でもいるのか?
まだ司に未練がある?」

あたしは日本で働いて、日本に住んでるんだから、ここにいるの。
好きな男?
あたし、好きな人なんかいたっけ?
そりゃ、あれ以来お付き合いなんかしたことないけれど。
なんで今更道明寺が出て来ちゃうの?

「未練なんてある訳ないじゃん。
もうすっかり友達なの、美作さんだって知ってるでしょ。」

「じゃあ、類か?」

「あたしと類はそんなんじゃない。」

「総二郎か?」

「はぁ? 有り得ないし。」

「じゃあ、俺だろ。」

「どうしてそうなるのっ?」

「俺たち4人以外なんて、牧野は好きになれないんだよ。」

美作さんがふふふっと鼻で笑ってる。
人を鼻で笑うなんて失礼しちゃうわ。

「俺は牧野が好きだよ。」

は? またまた何言っちゃってるの?
新手の『優しいお兄ちゃま攻撃』?
妹みたいに可愛いよってか?

「牧野が考えてるような好きじゃない。
本気で、一人の女性として好きなんだ。
お前、俺の事お兄ちゃま扱いするの、もう止めろ。
ロンドン行ってお前と離れて気が付いたんだよ。
そのうちお前が俺の事見てくれたらいいって思ってたけど、そんなのウソだった。
1年以上離れていて大丈夫な訳ない。
俺は牧野がいなきゃダメなんだ。
牧野だけが大切なんだ。」

時間が止まる。
なんか息がうまくできない。
苦しい。
なんで涙が出てるんだろ?
止まらない。
身体に力が入らない。

気が付いたら、美作さんの腕の中だった。
美作さん愛用の甘い香りを吸い込むうちに、段々落ち着いてきた。
これって精神安定剤?

「大丈夫か?」

「ん・・・」

「俺の話、分かった?」

「うん、多分・・・」

「なんだ、多分って?
まぁ、牧野の気持ちは、後から俺に追いついてくれればいいよ。」

「美作さんってこんな強引な人だっけ?」

「牧野の前ではずっといいお兄ちゃまでいてやってただろ?」

美作さんの手が、優しくあたしの髪を梳いている。
なんだか落ち着く。

「あれって、世を忍ぶ仮の姿だったの?」

「そうなのかもな。
俺ってば、気遣いのヒトだから、お前の求める姿を演じてた。
でも本当の俺は、かけがえのないものにはこんなに熱くなれちゃう男だったんだよ。
って、俺も今初めて知ったんだけどな。」

「あのー、えーっと、あたし、美作さんと付き合うの?」

「そうしたいから、一緒に来てくれって言ってるの。
ロンドンでは一緒に住みたいんだけど。」

「どどどどど、同棲っ?」

思わず美作さんの腕の中から飛び出た。

「牧野も知らない国で1人で暮らすより、俺と暮らす方が安心だろ?」

そりゃまあそうなんですけど。

「おじ様やおば様になんて思われるか・・・」

「そんな外堀、もう埋めてきたよ。
1年何やってたと思う?
お前を迎えにくる準備が出来たから、今日帰ってきたんだ。
親父もお袋も双子も大歓迎だってさ。
お袋なんて、もうウェディングドレスのデザイン考えてたぞ。」

ウェディングドレス?
結婚式?
結婚?
んんん?

「結婚っ?」

頭の中にはクエスチョンマークが飛び交う。

「あぁ、いつかはそうなるだろ?
でも俺焦ってないから。
ちゃんと待つよ、牧野が俺と結婚したくなるまで。」

美作さんがあたしの手を取る。
とろけそうに甘い笑みを浮かべてあたしを見てる。

「牧野、俺と付き合って。
一緒にロンドンへ行こう。
返事はYESしか受け付けない。」

「YESしか答えがないの?」

「そうだよ、YESだけ。
大丈夫。牧野は俺の事、もっともっと好きになる。
俺にはそうさせる自信がある。
ほら、返事は?」

なんじゃ、この俺様発言は。
でも妙に納得させられちゃうのは、なんでなの?
多分あたしは美作さんの術中にはまってる。
催眠術なのかもしれない。
だって口が勝手に動くもの。

「・・・YES・・・。」

「ありがとう、牧野。
もうこの手、離さないから。覚悟して。」

手をぎゅっと握られ、美作さんが近づいたと思ったら、優しいキスが降ってきた。


-fin-


あ、甘いよ、あきらー!
自分で書いてて、息がつまりそうでした(笑)


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

ぽちっと押して頂けたら嬉しいです!
関連記事

テーマ:二次創作:小説
ジャンル:小説・文学

Comment

非公開コメント